ニュース

図書館トーク㉕菅野芳秀さん 開催しました

 山形県長井市で農業と養鶏を営む菅野芳秀さんを講師にお迎えしました。

田舎から「逃げだす」ために東京の大学に入学した菅野さんは、生きる意味を追い続けながら大学生活を送ります。卒業後にたどりついた沖縄で「地元を守ること」の重要さを教えられて長井市に戻り、26歳で父の後を継いで農業を始めました。

その後「土の弱り」と「食の不健康」を感じたことが発端となり、やがて長井市全体で取り組むことになる画期的な生ゴミリサイクルシステム「レインボープラン」が実現しました。

実現までには、菅野さんが「マイナス500メートルからのスタート」と語るように、健康と安全、持続的なまちづくりのためにもこのシステムが必要であることを様々な団体に訴え続けた8年の準備期間がありました。

現在は山形県南部地方で食と農、エネルギー、森林資源、教育の自給をめざす「置賜自給圏」を推し進めています。グローバル化が進んでいる今の社会に見合った「自給」を行うことで、「逃げ出さなくてもいい、堂々たる田舎」として誇れる地域づくりを目指しています。

9月にこのプロジェクトから生まれた大豆製品が販売される予定で、3年目に入った今年はさらに活動の輪が広がっていきます。

最後に「土」は人間の生活の基盤であることと、土に向き合った農業の重要性を強調しました。

菅野さんが先人から引き継いだ「たすき」は、安全な食と農が豊かな命をつないでいくというメッセージと共に、地域や世代を超えて渡されようとしています。

質疑応答の時間には、菅野さんの奥様から共に過ごしてきた日々について語っていただきました。

 本日は多くのお客様にご来場いただきました。

ありがとうございました。

 

次回の図書館トークは7月22日(土)に、天童市在住の俳優・夢実子さんを講師にお迎えします。

ぜひご参加ください。

 

シベールアリーナ&遅筆堂文庫山形館

TEL:023-689-1166 FAX:023-689-1167 E-mail:chihitsudo@gen.or.jp