これまでのイベント一覧

イベント情報

平成30年2月25日 14:00 〜

保阪正康 講演会

昭和史研究の第一人者であるノンフィクション作家の保阪正康さんは昭和の時代には戦争、敗戦、飢えから飽食など人類が体験したすべてがあり、特に日本社会全般の
欠陥と弱点を露呈させた太平洋戦争には無限の教訓が詰まっていると語ります。
戦後の民主主義の中で培われてきた価値観が動揺している中でも、今の国民の動きが何年か後の歴史をつくっていきます。歴史の悲劇を繰り返さないために何をすべきなのでしょうか?保阪さんのお話から考えてみましょう。
入場料 1,000 円
座席 全席自由
チケット 発売中
関連サイト http://www.aya.or.jp/~hosaka-m/
平成30年3月10日 14:00 〜

図書館トーク(30) 山形県青年国際機構事務局長、山形市職員 小林みずほさん

『図書館トーク』は作家・劇作家の井上ひさしさんの蔵書に囲まれた小さなスペースで開催しているトークイベントです。

2017年11月、山形市はユネスコの「創造都市ネットワーク」に国内初の映画部門での加盟が認められました。市の担当者としてその喜びの知らせを受け取った小林みずほさんは、山形国際ドキュメンタリー映画祭事務局スタッフ時代から「映画と山形」を世界に発信する活動を続けてきました。また、豊富な国際経験を生かし、国際交流やまちづくりなど幅広い分野で活躍しています。
山形の良さをもっとアピールしたいという小林さんにその熱い想いを語っていただきます。
入場料 1,000 円
座席 全席自由
チケット 当日精算
備考 ※事前にお名前、ご住所、ご連絡先と参加人数をお知らせください。
※チケット等はありませんので、当日は直接受付カウンターへお越しいただき、料金をお支払ください。
※当日のお申込、ご参加も大歓迎です。
平成30年3月17日 14:00 〜

吉岡忍 講演会

2017年6月に日本ペンクラブの会長に就任した吉岡忍さんは、ノンフィクション作家として様々な事件や事故に向き合ってきました。どんな現場でも日常の感覚で取材し、
人間と社会の関係を「人間はひとつの器にすぎない」「複雑なものではない」と冷静に見つめています。現在は東日本大震災を題材にした作品を製作中で、歴史的文脈をふまえたノンフィクションを描こうと取り組んでいます。
シベールアリーナ開館直後の2008年11月に続き、10年ぶり2回目の吉岡さんの講演会です。ぜひご来場ください。
入場料 1,000 円
座席 全席自由
チケット 発売中
平成30年3月24日 14:00 〜

Black Bottom Brass Band LIVE in Yamagata

春の山形に「ハッピーリズム」の嵐がまきおこる!
旅立ちの季節に勇気をくれるブラスの音色をお楽しみください

【ブラック・ボトム・ブラス・バンド】
ニューオリンズスタイルをベースにした7人編成のブラスバンド。1993年関西で結成。1996 年のメジャーデビュー以来22枚のアルバムを発表し、2017年6月に最新アルバム『Turkey A Go Go』をリリース。全国各地でライブツアー・イベントを行い、国内外のロック・ジャズフェスティバルにも多数出演。ジャズ誕生の地・ニューオリンズでも数多く公演を行っている。TV・CM、映画への楽曲提供や、綾戸智恵、東京スカパラダイスオーケストラ、斉藤和義、八代亜紀など様々なアーティストとのコラボレーションなど幅広く活動中。また、音楽の楽しさをストレートに伝えるブラスワークショップや学校公演を各地で開催し、好評を得ている。
入場料 3,000 円
座席 全席指定
チケット 発売中
関連サイト http://bbbb1993.com/
平成30年5月20日 14:00 〜

角田光代トークショー

作家の角田光代さんが現代語訳を手がけた『源氏物語』の上巻が昨年9月に刊行され、「まるで現代小説のように読みやすい」と話題になっています。中巻と下巻の発売が待ち遠しいところですが、角田さんの「『源氏』を訳し終わると小説が変わるからと言われ、楽しみにしている」という言葉には新作への期待も高まります。
また昨年は角田さんと愛猫トトとの日常を追ったドキュメンタリー番組が放送され、「癒された」「泣けた」と大きな反響を呼びました。
角田さんのトークショーは今年で6回目を迎えます。鋭い観察眼から語られることは興味深いものばかりです。ぜひご来場ください。
入場料 1,000 円
座席 全席自由
チケット発売日 2月23日〜発売
関連サイト https://twitter.com/kakutamitsuyo
平成30年6月3日 15:00 〜

加藤登紀子さくらんぼの日コンサート2018「花はどこへ行った」

TOKIKO'S HISTORY 1968年から半世紀、2018年に贈る未来の詩(うた)

1968年のデビューから半世紀過ぎた2018年。
悲しみの中で世界は、愛を求め続けている。

めぐりめぐる世界の中で、
限りなく未来へと、人は繋がっていく。
これからも歌い続ける登紀子の地図が見えてきた。
入場料 5,000 円
座席 全席指定
チケット 発売中
備考 未就学児童の入場はご遠慮ください
関連サイト http://www.tokiko.com/
平成30年7月16日 18:30 〜

太鼓芸能集団 鼓童 特別公演2018「道」

演出:船橋裕一郎(鼓童代表)

継承し、練り込まれ、さらに発展を続ける鼓童の「根幹」

前身の佐渡の國鬼太鼓(おんでこ)座時代から受け継がれてきた「型」を“繊細かつ緻密に”“精緻かつ重厚に”表現し、次世代へ受け渡す。
約半世紀にわたって培われてきた「根幹」に向き合うことで、進化を続ける鼓童の未来の姿が見えてくる。
入場料 5,000 円
座席 全席自由
チケット発売日 2月24日〜発売
備考 未就学児の入場はご遠慮ください
関連サイト http://www.kodo.or.jp/