アリーナ&遅筆堂文庫のスタッフがお届けする舞台裏ブログ

女優・室井滋さんと絵本作家・長谷川義史さんを中心に結成された「しげちゃん一座」のコンサートが終了しました。

生演奏付きの絵本の読み聞かせや爆笑トーク、マジックやジャズの演奏など、次々にお楽しみが飛び出しました。

室井さんからインタビューを受けたり、読み聞かせの途中に童謡を合唱したりと、昨年以上にしげちゃん一座とお客様が交流する機会が多く、子どもも大人もステージにくぎ付けになっていました。

しげちゃん一座の結成のきっかけになった絵本「しげちゃん」の朗読では、しげちゃんのお母さんが優しく語りかけるセリフに涙ぐむお客様もいました。

台風が近づいて大雨が降っていたにも関わらず、多くのお客様にご来場いただきました。

ありがとうございました。


太鼓芸能集団・鼓童のコンサート「打男 DADAN2017」が終演しました。

8年前の初演以降、パリ、ロンドン、香港、ニューヨークなど世界各国でも上演され、海外の太鼓集団

との交流を通して進化を続けている作品として高い注目を集めている公演です。


華やかな照明に映し出された選抜された男性メンバー12人の美しいフォーメーションと、

大きさや形状などバラエティ豊かな太鼓の音色にお客様が魅了されていました。

全身を突き抜ける太鼓の波動やメンバーの肉体美など、鼓童の魅力があふれるパフォーマンス

に大満足の様子でした。


今公演はほぼ満員で迎えることができました。

ご来場のみなさま、誠にありがとうございました。


コメディアン・松元ヒロさんのソロライブが終了しました。

シベールアリーナでは5回目の開催となった今回は、前日に公示となった衆議院選挙の話題から
始まりました。

お客様が心待ちにしていたネタだったのか、冒頭から大爆笑の連続でした。

松元さんの著書『憲法くん』の紹介や、アメリカの憲法と日本国憲法の違い、アメリカで開催した
単独ライブでの悪戦苦闘などが怒涛のトークと絶妙な笑いとともに語られました。

アメリカの観客からかけられた「永久の平和をうたう憲法が、たった70年で変えられるのはおかしい」と
いうコメントには、お客様から拍手が起こっていました。

最後の戦争の爪痕が生々しく残る沖縄の物語では、理不尽に命を奪われた怒りと悲しみが
迫真の演技で描かれ、見る者の心に平和の尊さを刻みつけました。

アンコールのマイムニュースで爆笑の嵐が巻き起こる中、ライブは終了しました。

ご来場の皆様、誠にありがとうございました。